top of page
検索
  • 執筆者の写真健太 山本

【動きのクセ】

私たちは生まれた時から生きた人生の長さだけ

身体には積み重ねているものがあります。


・交通・移動手段での身体の使い方

・スポーツ経験とその競技特性

・仕事内容や仕事中の身体の使い方

・家事や育児での身体の使い方

・家具や靴など生活する上で使う物


自身を取り巻く生活環境の中で特定の動きを

繰り返すことで筋肉の使い方や関節の動きに

偏りが生じて” "が出来上がります。


そのクセが身体を効率的に使えるもので

あればいいですが、“使いすぎる部分”と

”使えていない部分”が生まれてしまい

姿勢や不調に影響を及ぼしているのは問題です。

使い過ぎのストレスに対抗するため

筋肉を硬くしたり、関節を変形させたり

身体はうまいこと対応してくれますが、

ストレスの蓄積が限界となった時に

痛みや病気が発症してしまいます。


外傷のように、

1日2日で出来上がるものではなく少しずつ

積み重ねて進行しているものがあるはずです。


それを予防するためUmitoでは

日々の身体の"動きのクセ"を

見つけ出し修正していくことで

より効率的な身体へと導きます!

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page