top of page
検索
  • 執筆者の写真健太 山本

【産後の痛みや不調】

昨年の調査研究では、産後の女性の90%が

なんらかの痛みや不調を抱えていると報告

されています。


妊娠・出産は一生の中でもかなり特殊な

イベントで身体は大きな変化への対応を

求められます。


特徴的な身体の変化として

・胎児の成長に伴うお母さんの姿勢変化

・産後の体幹・骨盤帯の不安定性


他にもホルモンバランスの変化など

多くのことがありますが、この2つは

意識的に対策しないと中々戻らない

もしくはそのまま残りがちな変化です。

(妊娠前からかなり運動習慣のある人は

自然と戻ってきやすい気がします!)


しかし、これらが直接的に痛みや不調に

影響するわけではなく、大きな要因の1つ💡


この身体状態で

①普段の家事や身の回りの生活動作に

②抱っこや授乳などの育児動作が加わり

③それらを行う生活環境(床生活,階段など)

によって身体にかかる負荷量は変わってきます。


(①+②)× ③ × 身体状態 = 身体的ストレス


この身体的ストレスが毎日の時間的に

積み重なっていき、許容範囲を超えると

負担のかかっている筋肉や関節や内臓に

痛みや不調が生じてきてしまいます。

食事と睡眠でリカバリーできればまだ

積み重ねは少なくなるけど、その確保も

なかなか難しい。


できることはそれぞれの負担を

少しでも減らしていくこと!!

気力があるうちに取り組み始めること。


②・③は、

工夫次第で負担を減らせる可能性があり

姿勢や骨盤・体幹の不安定性はやれば

修正していけます!


産後のタイミングで十分回復しておくことが

将来的な身体の健康にも繋がるはずです✨

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page